年次報告書

 東京大学大学院理学系研究生物科学専攻長の久保健雄です。この4月から専攻長を拝命しておりますが、今年に入って、日本を含む世界は、思いもよらぬコロナ禍(新型コロナウイルスの感染拡大)に見舞われました。4月8日に日本国政府から発令された非常事態宣言を受けて、本学でも「活動制限指針」がレベル3とされ、当専攻でも、飼育・栽培している生物の世話や、中断することのできない長期に渡る研究以外のためには入構できない日々が続きました。6月15日には「活動制限指針」はレベル1に緩和され、30%程度の入構時間が許可される見通しですが、第2波、第3波の到来も懸念されます。私たち自身を含めた、国内外の皆さまのご協力によりウイルスの封じ込めに成功し、一刻も早く私たちも、後顧の憂いなく教育・研究に邁進できる日々が戻ってくることを願っています。

 さて、ここにお届けしますのは、本学大学院理学系研究科生物科学専攻と、理学系研究科附属植物園、臨海実験所、遺伝子実験施設の、まだほとんど、コロナ禍の影響を受けていない、2019年度における教育・研究活動についての年次報告書です。生物科学専攻と生物化学専攻が統合し、新生物科学専攻が誕生してから既に6年が経ちました。旧生物科学専攻の前身の生物学科は、東京大学創設(1877年)と同時に設置されていますから、本専攻は140年以上に渡る長い歴史をもつことになります。旧生物化学専攻は、2018年に創立61周年を迎えました。現在の生物科学専攻は、ミクロな原子・分子レベルから、細胞・個体レベル、生物多様性に関するマクロなレベルの生物科学に加えて、 生物情報科学、医科学までの、生物科学の広大な研究分野をカバーする大きな組織になりました。

 基幹講座は生物学講座、生物化学講座、光計測生命学講座の3講座であり、約30の分野 / 研究室から構成されています。 これに臨海実験所、植物園、遺伝子実験施設をはじめとする、協力講座や連携講座の教員も加えた約90名の教員が、当専攻を構成しています。いずれの研究分野でも、日々、新しい知見が得られており、日本のみならず、世界をリードする研究成果が発信できているのではないかと考えております。また、当専攻の大学院の定員は修士課程が84名、博士課程が44名ですが、修士課程修了生の約46%が博士課程に進学しており、大学院修了生はアカデミア、官公庁、民間企業など、さまざまな職種で活躍しています。一方で、1934年に竣工された理学部2号館は、竣工後86年を経て老朽化が目立ってきました。新棟の建設も視野に入れつつ、引き続き、専攻教職員一同、教育・研究の両面で成果を上げるよう、努力して参る所存です。2019年度の私たちの報告書にお目通しいただき、忌憚のないご意見をいただけますと幸いです。何卒、宜しくお願い申し上げます。

生物科学専攻長
久保 健雄

令和元年度 年次報告書 [PDF]

平成30年度 年次報告書 [PDF]

平成29年度 年次報告書 [PDF]

平成28年度 年次報告書 [PDF]

平成27年度 年次報告書 [PDF]

平成26年度 年次報告書 [PDF]