最新の研究成果

 

オス性行動のモチベーションを調節する脳内のしくみ ―同じニューロンに存在する2つの神経ペプチドによる行動調節―

・馬谷 千恵(生物科学専攻 助教)
・岡 良隆(生物科学専攻 名誉教授)

[プレスリリース資料はこちら]2022/1/14
Endocrinology 2022 Feb.

 

巨大系統樹推定を可能にする深層分散コンピューティング

・今野 直輝(生物科学専攻 修士課程2年生)
・岩崎 渉(大学院新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 教授/生物科学専攻 教授(兼担))
・谷内江 望(ブリティッシュコロンビア大学 准教授・Canada Research Chair/東京大学先端科学技術研究センター 客員准教授)

[プレスリリース資料はこちら]2022/1/7
Nat Biotechnol. 2022 Jan 6.

 

困ったときは兄弟に ― 学習行動を制御するタンパク質をよく似たタンパク質がサポートする ―

・廣木 進吾(生物科学専攻 博士課程3年生)
・飯野 雄一(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら]2021/12/28
PNAS 2022 Jan 18.

 

化石種を一挙に9種発見:クモヒトデが新たな環境指標生物となる可能性

・岡西 政典(臨海実験所 特任助教)
・幸塚 久典(臨海実験所 技術専門職員)
・金子 稔(群馬県太田市 元高校教員)
・三井 翔太(株式会社日本海洋生物研究所 技術者)

[プレスリリース資料はこちら]2021/12/20
Hist Biol. 2021 Dec 21.

 

RNAヘリカーゼVasaの働く様子を1分子可視化

・木下 慶美(研究当時:生物科学専攻 特任研究員/ 現:名古屋大学 研究員)
・上村 想太郎(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら]2021/12/10
Commun Biol. 2021 Dec 10.

 

多細胞個体の「老化死」を獲得する複数の進化経路 ―4つの体細胞を持つ稀産緑藻アストレフォメネの全ゲノム解読から解明

・山下 翔大(国立遺伝学研究所 博士研究員/生物科学専攻 博士課程3年(研究当時))
・野崎 久義(生物科学専攻 特任研究員/准教授(研究当時))

[プレスリリース資料はこちら]2021/11/22
Sci Rep. 2021 Nov 22.

 

細胞内へのポリアミン輸送メカニズムの解明

・富田 篤弘(生物科学専攻 博士課程)
・大保 貴嗣(旭川医科大学 准教授)
・草木迫 司(生物科学専攻 助教)
・山下 恵太郎(生物科学専攻 助教(研究当時)/ MRC分子生物学研究所 博士研究員(現所属))
・小笠原 諭(千葉大学 特任准教授)
・村田 武士(千葉大学大学 教授)
・西澤 知宏(生物科学専攻 准教授(研究当時)/横浜市立大学大学 教授(現所属))
・濡木 理(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら]2021/11/19
Mol Cell. 2021 Nov 18.

 

ゲノム編集と4種オルガネラの蛍光可視化を同時に実現 ~オルガネラバイオロジーを拓く新手法“シゾン・カッター”の確立~

・田中 尚人(生物科学専攻 修士課程2年)
・茂木 祐子(生物科学専攻 特任研究員)
・東山 哲也(生物科学専攻 教授)
・吉田 大和(生物科学専攻 准教授)

[プレスリリース資料はこちら]2021/11/11
J Cell Sci . 2021 Nov 10.

 

青色センサー遺伝子の制御メカニズム〜脊椎動物の色覚の起源に迫る〜

・小川 洋平(研究当時:生物科学専攻 特任研究員/ 現:Washington University School of Medicine,PD)
・白木 知也(研究当時:生物科学専攻 特任助教/ 現:国立遺伝学研究所 特任研究員)
・深田 吉孝(研究当時:生物科学専攻 教授/現:名誉教授)
・小島 大輔(生物科学専攻 講師)

[プレスリリース資料はこちら]2021/10/07
Sci Adv. 2021 Oct 8.

 

制御サブユニットによるイオンチャネル巨大複合体のモジュレーション機構を解明

・木瀬 孔明(生物科学専攻 特任准教授)
・糟谷 豪(自治医科大学 助教)
・岡本 紘幸(生物科学専攻 博士課程1年)
・山之内 大地(生物科学専攻 修士課程2年)
・小林 幹(研究当時:生物科学専攻 特任助教)
・草木迫 司(生物科学専攻 助教)
・西澤 知宏(研究当時:生物科学専攻 准教授)
・中條 浩一(自治医科大学 教授)
・濡木 理(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら]2021/09/23
Nature. 2021 Sep 22.

 

トマトの葉の形態の多様化の過程を明らかに

・中山 北斗(生物科学専攻 助教)

[プレスリリース資料はこちら]2021/09/02
Curr Biol. 2021 Aug 27.

 

人工知能はゲノミクスで何を見つめるのか?〜 遺伝子などの非画像データから深層学習で特徴を抽出する方法 〜

・アロック シャルマ(理化学研究所生命医科学研究センター 専任研究員)
・アルテム ルイセンコ(理化学研究所生命医科学研究センター 研究員)
・キース ボロエヴィッチ(理化学研究所生命医科学研究センター テクニカルスタッフⅠ)
・エドウィン ヴァンス(南太平洋大学工学 大学院生)
・角田 達彦(生物科学専攻 教授/理化学研究所生命医科学研究センター チームリーダー)

[プレスリリース資料はこちら]2021/08/19
Brief Bioinform. 2021 Aug 6.

 

メラトニン受容体のシグナル伝達複合体の構造を解明 〜 睡眠や概日リズムの構造基盤の理解と睡眠薬の開発に貢献 〜

・岡本 紘幸(生物科学専攻 博士課程1年)
・井上 飛鳥(東北大学 准教授)
・西澤 知宏(生物科学専攻 准教授(研究当時)/横浜市立大学 教授(現所属)
・濡木 理(生物科学専攻 教授)
・寿野 良二(関西医科大学 講師)
・清水(小林)拓也(関西医科大学 教授)
・野村 紀通(京都大学 准教授)
・岩田 想(京都大学 教授)

[プレスリリース資料はこちら]2021/08/06
Nat Struct Mol Biol. 2021 Aug 5.

 

植物の葉器官のサイズ制御の長年の謎を証明 -動植物の体のサイズを決める仕組みの理解、ひいては作物収量向上への貢献も-

・Ferjani Ali(東京学芸大学生命科学分野 准教授)
・多部田 弘光(東京学芸大学大学院教育学研究科修了 現 東京大学大学院総合文化研究科博士2年/理化学研究所環境資源科学研究センター代謝システム研究チーム 研修生)
・渡邊 俊介(理化学研究所 環境資源科学研究センター適応制御研究ユニット 基礎科学特別研究員)
・福田 啓太(東京学芸大学教育学部初等教育教員養成課程理科選修卒業 現 小学校教諭)
・郡司 玄(東京学芸大学 研究員)
・浅岡 真理子(元東京学芸大学 研究員 現 神奈川大学特任助教)
・平井 優美(理化学研究所 環境資源科学研究センター 代謝システム研究チーム チームリーダー)
・瀬尾 光範(理化学研究所 環境資源科学研究センター 適応制御研究ユニット ユニットリーダー)
・塚谷 裕一(東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら]2021/08/06
PLOS Genet. 2021 Aug 5.

 

水陸両生の水草ミズハコベが姿を変える仕組みを解明

・古賀 皓之(生物科学専攻 助教)
・小嶋 美紀子(理化学研究所 専門技術員)
・竹林 裕美子(理化学研究所 テクニカルスタッフ)
・榊原 均(名古屋大学 教授/理化学研究所 客員主管研究員)
・塚谷 裕一(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら]2021/07/29
Plant Cell. 2021 Jul 27.

 

最後に残されたβアドレナリン受容体の立体構造を解明〜副作用の少ないβアドレナリン受容体標的薬の創製に貢献へ〜

・名切 千彩恵(研究当時:生物科学専攻 修士課程2年)
・小林 和弘(生物科学専攻 博士課程2年)
・富田 篤弘(生物科学専攻 博士課程3年)
・加藤 雅彦(生物科学専攻 修士課程1年)
・西澤 知宏(研究当時:生物科学専攻 准教授)
・井上 飛鳥(東北大学大学院薬学研究科 准教授)
・志甫谷 渉(生物科学専攻 助教)
・濡木 理(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら]2021/07/27
Mol Cell. 2021 Jul 21.

 

3タイプの性別を藻類・菌類の同一種内で初めて発見:相模川水系のボルボックス類に潜む両性型3番目の性(sex)

・高橋 昂平(生物科学専攻 博士課程2年生)
・東山 哲也(生物科学専攻 教授)
・野崎 久義(生物科学専攻 特任研究員)

[プレスリリース資料はこちら]2021/07/13
Evolution. 2021 Jul 12.

 

京の伝統野菜ミブナの育種の歴史を解明!

・中山 北斗(生物科学専攻 助教)

[プレスリリース資料はこちら]2021/06/02
Hortic Res. 2021 Jun 1

 

進むべきか戻るべきか?-過去の経験を基にして行動を逆転させる機構の解明-

・佐藤 博文(生物科学専攻 特任研究員)
・飯野 雄一(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら]2021/05/26
Cell Rep. 2021 May 25

 

もやもや病のリスク遺伝子RNF213の遺伝的特徴と拡散経路の推定

・小金渕 佳江(生物科学専攻 助教)
・太田 博樹(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら]2021/05/20
Ann Hum Genet. 2021 May 20

 

雌雄同体の新種誕生におけるメスとオスの性染色体の運命〜琵琶湖産ボルボックスの全ゲノム情報から解明〜

・山本 荷葉子(生物科学専攻 博士課程3年生(研究当時))
・野崎 久義(大学院理学系研究科 特任研究員/生物科学専攻 准教授(研究当時))

[プレスリリース資料はこちら]2021/05/18
PNAS. 2021 May 25

 

生命に共通する体内時計の部品を発見~体内時計の起源にはカルシウムイオンが関与か~

・金 尚宏 (研究当時:生物科学専攻 特任助教/現:名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 特任講師)
・岩本 隆宏 (福岡大学医学部 薬理学 教授)
・深田 吉孝 (研究当時:生物科学専攻 教授/現:大学院医学系研究科 特任研究員)

[プレスリリース資料はこちら]2021/05/01
Sci Adv. 2021 Apr 30

 

相模湾から新種のクモヒトデ発見:隠れた生物多様性

・岡西 政典(臨海実験所 特任助教)
・幸塚 久典(臨海実験所 技術専門職員)

[プレスリリース資料はこちら]2021/04/30
Zoological Science. 2021 Apr 29

 

日本人類学会の機関誌Anthropological Scienceの「ヤポネシアゲノム特集号」に掲載された6論文のご紹介

・太田 博樹 (生物科学専攻 教授)
・小金渕 佳江(生物科学専攻 助教)

[プレスリリース資料はこちら]2021/04/09

 

弱い光に耐える植物の葉緑体はときおり当たる強光にも耐えられる

・寺島 一郎(生物科学専攻 教授)
・松尾 光敏(研究当時:生物科学専攻 修士課程2年生)
・鈴木 祥弘(神奈川大学理学部生物科学科 准教授)
・矢守 航(大学院農学生命科学研究科 附属生態調和農学機構 准教授)
・河野 優(生物科学専攻 特任助教)

[プレスリリース資料はこちら]2021/04/08
Photosynth Res. 2021 Apr 4

 

アスガルドアーキアの持つ、光エネルギーを使って水素イオンを取込むタンパク質の構造を解明

・樋口 昌光(研究当時 生物科学専攻 修士課程2年)
・志甫谷 渉(生物科学専攻 助教)
・今野 雅恵(東京大学物性研究所 特任研究員)
・神取 秀樹(名古屋工業大学大学院工学研究科 教授)
・井上 圭一(東京大学物性研究所 准教授)
・濡木 理(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら]2021/03/31
Proc Natl Acad Sci U S A. 2021 Apr 6

 

抗マラリア薬が効力を失う原因を解明〜病原菌の変異に影響されない薬剤の開発に期待〜

・北川 智久(研究当時:生物科学専攻 修士課程2年)
・松本 惇志(生物科学専攻 博士課程3年)
・寺島 一郎(生物科学専攻 教授)
・上園 幸史(生物科学専攻 助教)

[プレスリリース資料はこちら] 2021/03/27
J Med Chem. 2021 Mar 27.

 

植物の「暮らし」によって気孔の作り方が違う仕組みを解明

・ドル 有生(生物科学専攻 博士課程1年)
・古賀 皓之(生物科学専攻 助教)
・塚谷 裕一(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2021/03/30
Proc Natl Acad Sci U S A. 2021 Apr 6

 

裏しかない葉が平たくなるための座標が判明  オーキシンを手がかりに葉を平たくする

・糠塚明(研究当時:生物科学専攻 研究員)
・山口貴大(生物科学専攻 特任助教)
・塚谷裕一(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2021/03/23
Plant Physiol. 2021 Feb 23

 

X線自由電子レーザーで捉えた、光照射によるチャネルロドプシンの構造変化の過程

・小田 和正(生物科学専攻 博士課程3年)
・西澤 知宏(生物科学専攻 准教授)
・濡木 理(生物科学専攻 教授)
・久保 稔(兵庫県立大学大学院生命理学研究科 教授)
・野村 高志(理化学研究所 放射光科学研究センター 特別研究員(研究当時)/同脳神経科学研究センター 基礎科学特別研究員)
・南後 恵理子(理化学研究所 放射光科学研究センター 客員研究員/ 東北大学多元物質科学研究所 教授)
・岩田 想(理化学研究所 放射光科学研究センター グループディレクター/ 京都大学大学院医学研究科 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2021/03/23
Elife. 2021 Mar 23

 

肝臓-筋肉の臓器連関代謝サイクルの肥満による制御異常の解明み

・江上 陸(大学院新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻 博士課程3年生)
・小鍛治 俊也(生物科学専攻 特任助教)
・幡野 敦(新潟大学大学院医歯学総合研究科 助教)
・黒田 真也(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2021/03/20
iScience. 2021 Feb 20

 

ゲノム上に密に並んだ遺伝子の転写を調節する仕組み

・稲垣 宗一(生物科学専攻 准教授)
・大矢 恵代(生物科学専攻 博士課程2年)
・角谷 徹仁(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2021/03/01
Nat Plants. 2021 Mar 1

 

群体動物コケムシにおける異形個虫「鳥頭体」の発生過程

・山口 悠(生物科学専攻 修士課程2年生)
・広瀬 雅人(北里大学海洋生命科学部 講師)
・中村 真悠子(生物科学専攻 博士課程1年生)
・宇田川 澄生(生物科学専攻 博士課程2年生)
・小口 晃平(産業技術総合研究所 特別研究員)
・進士 淳平(大学院教育学研究科附属海洋教育センター 特任研究員)
・幸塚 久典(臨海実験所 技術専門職員)
・三浦 徹(臨海実験所 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2021/02/25
Zoological Science. 2021 Feb 25

 

日本初記録となるクモヒトデ類の側腕板化石の発見

・岡西 政典(臨海実験所 特任助教)
・三井 翔太(東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科 応用生命科学専攻 博士課程3年)
・Ben Thuy(ルクセンブルグ自然史博物館 古生物学研究部 学芸員)

[プレスリリース資料はこちら] 2021/02/17
Paleontological Research. 2021 Feb 17

 

ClCチャネルによる味覚応答の調節

・パク チャンヒョン(生物科学専攻 博士課程3年生/現:韓国 基礎科学研究院(IBS)ナノ医学研究団 博士研究員)
・神田 真司(東京大学大気海洋研究所/生物科学専攻 准教授)
・飯野 雄一(生物科学専攻 教授)
・國友 博文(生物科学専攻 准教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2021/01/27
Elife. 2021 Jan 25

 

ウイルスベクターによる新規ニューロン標識法が解き明かした脳神経回路の新たな発達メカニズム

・冨樫 和也(研究当時:生物科学専攻 助教)
・辻 真人(生物科学専攻 助教)
・竹内 俊佑(生物科学専攻 博士課程3年)
・中浜 諒大(生物科学専攻 博士課程1年)
・榎本 和生(生物科学専攻 教授/ニューロインテリジェンス国際研究機構 副機構長・主任研究者)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/12/09
Front. Cell. Neurosci. 2020 Dec 9

 

健常状態と肥満状態における肝臓での血糖制御ネットワークの変化は非常に広範に及ぶ

・小鍛治 俊也(生物科学専攻 特任助教)
・幡野 敦(新潟大学大学院医歯学総合研究科 助教)
・伊藤 有紀(九州大学生体防御医学研究所 特別研究員)
・黒田 真也(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/12/01
Sci Signal. 2020 Dec 1

 

ゲノムの可動性DNAを鎮静化する機構

・藤 泰子(生物科学専攻 助教)
・角谷 徹仁(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/11/30
Nat Plants. 2020 Nov 30

 

嫌な相手から素早く逃げるための脳神経回路の発見

・石川 夏子(研究当時:生物科学専攻 博士課程3年生)
・酒井 萌花(研究当時:生物科学専攻 修士課程2年生)
・榎本 和生(生物科学専攻 教授/ニューロインテリジェンス国際研究機構(WPI-IRCN)副機構長・主任研究者)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/11/02
PLoS Genet. 2020 Nov 2

 

光依存的に環状ヌクレオチドを分解するロドプシン酵素の構造を解明

・生田 達也(研究当時:生物科学専攻 博士課程3年/東北大学大学院薬学研究科 助手)
・志甫谷 渉(生物科学専攻 特任助教)
・内橋 貴之(名古屋大学大学院理学研究科 教授/自然科学研究機構 生命創成探究センター 客員教授)
・神取 秀樹(名古屋工業大学大学院工学研究科 オプトバイオテクノロジー研究センター 教授)
・濡木 理(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/11/05
Nat Commun. 2020 Nov 5

 

小さなRNAが神経回路再生のスイッチを入れる

・北谷 育子(研究当時:生物科学専攻 修士課程2年生)
・手塚 茜(研究当時:生物科学専攻 修士課程2年生)
・長谷川 恵理(生物科学専攻 特任助教)
・柳 学理(研究当時:生物科学専攻 修士課程2年生)
・冨樫 和也(生物科学専攻 助教)
・辻 真人(生物科学専攻 助教)
・近藤 周(国立遺伝学研究所 助教)
・Jay Z Parrish(米国ワシントン大学 准教授)
・榎本 和生(生物科学専攻 教授/ニューロインテリジェンス国際研究機構(WPI-IRCN)副機構長・主任研究者)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/08/07
PLoS Genet. 2020 Aug 7

 

細胞のばらつきはノイズではなく情報である

・和田 卓巳(生物科学専攻 特任研究員)
・廣中 謙一(生物科学専攻 特任助教)
・黒田 真也(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/09/01
Cell Rep. 2020 Sep 1

 

インスリン作用による脂肪細胞の糖代謝制御の全貌を解明

・大野 聡(附属遺伝子実験施設 助教)
・黒田 真也(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/08/20
iScience. 2020 Aug 20

 

縄文人ゲノム解析から見えてきた東ユーラシアの人類史

・覚張 隆史(金沢大学人間社会研究域附属 国際文化資源学研究センター 助教)
・太田 博樹(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/08/25
Commun Biol. 2020 Aug 25

 

無限成長する葉の不思議な性質を発見

・木下 綾華(生物科学専攻 博士課程3年生)
・古賀 皓之(生物科学専攻 助教)
・塚谷 裕一(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/08/12
Front. Plant Sci.2020 Aug 12

 

コウイカ類における吸盤形成パターンの解明

・金原 僚亮(生物科学専攻 修士課程2年生)
・中村 真悠子(生物科学専攻 博士課程1年生)
・小口 晃平(研究当時:生物科学専攻 博士課程3年生)
・幸塚 久典(臨海実験所 技術専門職員)
・三浦 徹(臨海実験所 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/08/24
Front Zool. 2020 Aug 24

 

甘味・うま味・苦味物質の認識に必要なATPチャネルの構造可視化に成功

・出村 奏恵(生物科学専攻 博士課程1年)
・草木迫 司(生物科学専攻 助教)
・志甫谷 渉(生物科学専攻 特任助教)
・平泉 将浩(生物科学専攻 博士課程2年/田辺三菱製薬株式会社創薬本部創薬基盤研究所 研究員)
・樽野 陽幸(京都府立医科大学大学院医学研究科細胞生理学 教授)
・濡木 理(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/07/18
Sci Adv. 2020 Jul 17

 

左右相称から放射相称の体を進化させた棘皮動物の遺伝情報

・入江 直樹(生物科学専攻 准教授)
・大森 紹仁(研究当時:臨海実験所 特任助教/現:新潟大学佐渡自然共生科学センター臨海実験所 助教)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/07/10
Commun Biol. 2020 Jul 10

 

シロアリにおける生殖虫分化:異性による生理調節機構の解明

・小口 晃平(研究当時:東京大学大学院理学系研究科 博士課程大学院生)
・杉目 康広(研究当時:北海道大学大学院環境科学院 博士課程大学院生)
・下地 博之(関西学院大学理工学部 助教)
・林 良信(慶應義塾大学 法学部専任講師(慶應義塾大学生物学教室))
・三浦 徹(臨海実験所 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/06/10
Sci Rep. 2020 Jun 10.

 

花粉数を減少させる遺伝子を発見 ~進化理論の実証から育種技術へ~

・土松 隆志(生物科学専攻 准教授)
・角井 宏行(新潟大学 特任助教)
・山崎 美紗子(チューリッヒ大学 研究員)
・Cindy Marona(研究当時:ポツダム大学 技術補佐員)
・筒井 大貴(チューリッヒ大学 研究員)
・Afif Hedhly(研究当時:チューリッヒ大学 研究員)
・Dazhe Meng(研究当時:グレゴール・メンデル研究所 博士課程学生)
・佐藤 豊(国立遺伝学研究所 教授)
・Thomas Städler(ETHチューリッヒ校 Senior Scientist)
・Ueli Grossniklaus(チューリッヒ大学 教授)
・金岡雅浩(名古屋大学 講師)
・Michael Lenhard(ポツダム大学 教授)
・Magnus Nordborg(グレゴール・メンデル研究所 所長)
・清水 健太郎(チューリッヒ大学 教授、横浜市立大学 客員教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/06/08
Nat Commun. 2020 Jun 8.

 

狙ったDNA配列にC→TとA→Gの同時塩基置換を誘導する新ゲノム編集技術

・森 秀人(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 博士課程3年生)
・石黒 宗(東京大学先端科学技術研究センター 合成生物学分野 特任研究員)
・坂田 莉奈(東京大学教養学部国際環境学コース 学部4年生)
・近藤 昭彦(神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科 教授)
・西田 敬二(神戸大学先端バイオ工学研究センター 教授)
・冨田 勝(慶應義塾大学先端生命科学研究所 教授)
・西増 弘志(東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻 准教授)
・濡木 理(東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻 教授)
・油谷 浩幸(東京大学先端科学技術研究センター ゲノムサイエンス分野 教授)
・谷内江 望(東京大学先端科学技術研究センター 合成生物学分野 准教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/06/02
Nat Biotechnol. 2020 Jun 2.

 

体内時計の一日の長さを決定するPER2タンパク質のリン酸化スイッチ

・増田 周作(生物科学専攻 博士課程大学院生(研究当時))
・吉種 光(生物科学専攻 助教)
・深田 吉孝(生物科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/04/30
Proc Natl Acad Sci USA. 2020 Apr 30.

 

難しい技術を使わずに受精卵から卵子の染色体だけを取り除くことに成功

・戸塚隆弥(生物科学専攻 博士2年)
・大杉美穂(総合文化研究科広域科学専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/04/16
Sci Rep. 2020 Apr 16.

 

細胞の職業選択を決めるスイッチの発見

・玉置 貴之(生物科学専攻 特任研究員(研究当時))
・大矢 恵代(生物科学専攻 博士課程2年生)
・内藤 万紀子(生物科学専攻 修士課程大学院生(研究当時))
・佐藤 繭子(理化学研究所環境資源科学研究センター 技師)
・若崎 眞由美(理化学研究所環境資源科学研究センター テクニカルスタッフ)
・豊岡 公徳(理化学研究所環境資源科学研究センター 上級技師)
・福田 裕穂(東京大学 理事・副学長)
・近藤 侑貴(神戸大学大学院理学研究科生物学専攻 准教授/生物科学専攻 助教(研究当時))

[プレスリリース資料はこちら] 2020/04/22
Commun Biol. 2020 Apr 22.

 

気孔をすばやく開かせることで、野外における植物の成長促進に成功

・木村 遼希(本専攻 博士課程1年生)
・橋本(杉本)美海(名古屋大学大学院生命農学研究科 助教)
・射場 厚(九州大学大学院理学研究院 生物科学部門 教授)
・寺島 一郎(本専攻 教授)
・矢守 航(現:大学院農学生命科学研究科 附属生態調和農学機構 准教授/研究当時:本専攻 准教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2020/02/27
J Exp Bot. 2020 Feb 25.

 

マイクロRNAがウイルス感染細胞の細胞死を誘導する仕組みを発見

・高橋 朋子(本専攻 客員共同研究員、研究当時:同 助教)
・中野 悠子(研究当時:本専攻 博士課程3年)
・尾野本 浩司(千葉大学真菌医学研究センター 助教)
・米山 光俊(千葉大学真菌医学研究センター 教授)
・程 久美子(本専攻 准教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2019/12/09
Nucleic Acids Res. 2019 Dec 8.

 

植物の寝起きが良くなる光照射法 ― 全身に光を浴びることが植物の光合成効率を改善することを発見 ―

・島津 舜治(本専攻 修士課程1年生)
・瀬尾 光範(理化学研究所 環境資源科学研究センター ユニットリーダー)
・寺島 一郎(本専攻 教授)
・矢守 航(現:本学大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻 准教授/研究当時:本専攻 准教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2019/11/28
Front. Plant Sci., 28 November 2019

 

遺伝子発現を制御するマイクロRNAによるサイレンシング効率を機械学習で解明

・田 申(本専攻 修士課程2年(研究当時))
・寺井 悟郎(本学大学院新領域創成科学研究科 特任准教授)
・小林 芳明(本専攻 博士課程2年)
・木村 康明(名古屋大学大学院物質理学専攻化学系 助教)
・阿部 洋(名古屋大学大学院物質理学専攻化学系 教授)
・浅井 潔(本学大学院新領域創成科学研究科 教授)
・程 久美子(本専攻 准教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2019/11/02
RNA Biol. 2019 Nov 1:1-17.

 

新型の光応答性タンパク質であるヘリオロドプシンの構造を解明

・志甫谷 渉(本専攻 日本学術振興会特別研究員)
・井上 圭一(本学物性研究所 准教授)
・古谷 祐詞 (名古屋工業大学 オプトバイオテクノロジー研究センター 准教授)*
・内橋 貴之 (名古屋大学大学院理学研究科 教授/自然科学研究機構 生命創成探究センター 客員教授)
・神取 秀樹(名古屋工業大学 オプトバイオテクノロジー研究センター 教授)
・濡木 理(生物科学専攻 教授)
*昨年度まで自然科学研究機構分子科学研究所 准教授

[プレスリリース資料はこちら] 2019/09/26
Nature. 2019 Oct;574(7776):132-136.

 

葉のかたちがオトシブミの葉の加工を妨げることを発見 —植物と昆虫の相互作用における葉のかたちの新たな役割—

・樋口裕美子(京都大学大学院理学研究科 大学院生)
・川北篤(本専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2019/09/03
Nat Plants. 2019 Sep;5(9):959-964.

 

飢餓を感知する感覚神経は新たな行動戦略を生み出す

・Jang Moon Sun(本専攻 特任研究員)
・飯野 雄一(本専攻 教授)
・國友 博文(本専攻 准教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2019/08/27
Proc Natl Acad Sci U S A. 2019 Aug 27. pii: 201821716.

 

ネットワーク解析技術を応用した新しい進化解析法「グラフスプリッティング法」で遺伝子の初期進化に迫る

・松井 求(本専攻 助教)
・岩崎 渉(本専攻 准教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2019/08/20
Syst Biol. 2019 Jul 31. pii: syz049.

 

体内時計による約24時間周期のリズムを生み出すゲノム配列を決定

・深田 吉孝(本専攻 教授)
・吉種  光(本専攻 助教)
・浅野 吉政(本専攻 博士課程3年生)

[プレスリリース資料はこちら] 2019/08/08
Communications Biology volume 2, Article number: 300 (2019)

 

花を咲かせるスイッチが押される瞬間

・阿部 光知(大学院総合文化研究科広域科学専攻 准教授)※3/31まで本専攻 准教授

[プレスリリース資料はこちら] 2019/04/03
Development 2019 146: dev171504

 

兵隊シロアリの大顎を伸ばすダックスフンド遺伝子:環境要因と形態形成を繋ぐ

・杉目 康広(研究当時:北海道大学大学院環境科学院 大学院生)
・小口 晃平(本学大学院理学系研究科 博士課程2年生)
・後藤 寛貴(北海道大学大学院地球環境科学研究院 学術研究員)
・林 良信(慶應義塾大学法学部 助教)
・松波 雅俊(琉球大学大学院医学研究科 助教)
・重信 秀治(基礎生物学研究所 特任准教授)
・越川 滋行(北海道大学大学院地球環境科学研究院 准教授)
・三浦 徹(本研究科附属臨海実験所 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2019/03/04
Development doi: 10.1242/dev.171942 Published 4 March 2019

 

青や緑の色覚遺伝子を制御する分子

・小川 洋平(本専攻 特任研究員)
・小島 大輔(本専攻 講師)
・深田 吉孝(本専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2019/02/12
PNAS published ahead of print February 14, 2019

 

細胞壁の形成を促進する新しい仕組みを発見

・杉山友希*(本専攻 博士課程、遺伝研 新分野創造センター 特別共同利用研究員)
・長島慶宜*(本専攻 博士課程、遺伝研 新分野創造センター 特別共同利用研究員)
・若崎眞由美 (理研 CSRS テクニカルスタッフ)
・佐藤繭子(理研 CSRS 技師)
・豊岡公徳 (理研 CSRS 上級技師)
・福田裕穂 (本専攻 教授)
・小田祥久 (遺伝研 新分野創造センター 准教授)
* equally contributed authors

[プレスリリース資料はこちら] 2019/01/28
Nat Commun. 2019 Jan 28.

 

メタゲノムとエピゲノムを融合した「メタエピゲノム」解析の提唱と実証 〜環境細菌叢が持つゲノム修飾機構の広大な未開拓領域の解明へ〜

・平岡 聡史(研究当時:本学大学院新領域創成科学研究科 博士後期課程)
・岡崎 友輔(研究当時:京都大学理学研究科 博士後期課程)
・按田 瑞恵(本研究科 特別研究員/日本学術振興会 特別研究員PD)
・豊田 敦(国立遺伝学研究所 特任教授)
・中野 伸一(京都大学 生態学研究センター 教授)
・岩崎 渉(本専攻 准教授/新領域創成科学研究科 准教授/大気海洋研究所 准教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2019/01/16
Nat Commun. 2019 Jan 11;10(1):159.

 

メチルは端だが役に立つ?− mRNAのキャップ構造におけるm6A修飾酵素の同定 −

・東京大学大学院工学系研究科
・本研究科
・富山大学
・理化学研究所

[プレスリリース資料はこちら] 2018/11/23
Science. 2018 Nov 22. pii: eaav0080.

 

受精時にホヤ精子が誘引物質を受容する機構を解明

・吉田  学(本研究科附属臨海実験所 准教授)
・吉田  薫(桐蔭横浜大学医用工学部 准教授)
・柴  小菊(筑波大学下田臨海実験センター 助教)
・稲葉 一男(筑波大学下田臨海実験センター 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2018/11/09
Scientific Reports. volume 8, Article number: 16622 (2018)

 

長すぎるアルコールが生物に作用しない原因を解明〜強力な作用を持つ薬剤の開発に大きな期待〜

・松本惇志(本専攻 博士課程1年)
・上園幸史(本専攻 助教)

[プレスリリース資料はこちら] 2018/10/29
Mol Pharmacol. 2018 Dec;94(6):1312-1320.

 

植物の双葉を2枚にする酵素を発見 -植物の形づくりと代謝反応の関係のさらなる理解に貢献-

・理化学研究所
・自然科学研究機構生命創成探究センター
・自然科学研究機構基礎生物学研究所
・東京大学

[プレスリリース資料はこちら] 2018/09/13
Development. 2018 Sep 12;145(17).

 

トランスオミクス解析による高濃度と低濃度のインスリン作用の選択性の解明

・川田 健太郎(本専攻 博士課程4年生)
・幡野 敦(本専攻 特任助教)
・柚木 克之(理化学研究所 上級研究員)
・黒田 真也(本専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2018/09/11
iScience. Available online 10 September 2018

 

世界初のIntelligent Image-Activated Cell Sorterを開発~細胞画像の深層学習により高速細胞選抜を実現~

・合田 圭介(科学技術振興機構 プログラムマネージャー/本研究科化学専攻 教授)
・新田 尚(科学技術振興機構 プログラムマネージャー補佐/本研究科化学専攻 客員研究員)
・上村 想太郎(本専攻 教授)
・矢冨 裕(本学医学系研究科内科学専攻/本学医学部附属病院検査部 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2018/08/28
Cell. Published:August 27, 2018

 

インスリンの血中濃度変化が肝臓内の分子を個別に制御していることを発見-効率的な糖尿病治療に期待-

・黒田 真也(本専攻 教授)※九州大学主導

[プレスリリース資料はこちら] 2018/06/28
Cell Systems. 2018 Jun 27.

 

細胞内ウイルスセンサータンパク質による新しい生体防御の仕組みを発見

・高橋 朋子(本専攻 助教)
・程 久美子(本専攻 准教授)ほか

[プレスリリース資料はこちら] 2018/06/25
Nucleic Acids Res. 2018 Jun 25.

 

ゼブラフィッシュのべん毛の構造解析から軸糸ダイニン構築メカニズムの一端を解明 -繊毛・べん毛の解析手法として新たな脊椎動物モデルを開発-

・武田 洋幸(本専攻 教授)ほか
※科学技術振興機構主導

[プレスリリース資料はこちら] 2018/06/19
Elife. 2018 May 9;7. pii: e36979.

 

1細胞RNA分画解読法の開発に成功-細胞生物学の研究を加速-

・上村 想太郎(本専攻 教授)ほか
※理化学研究所主導

[プレスリリース資料はこちら] 2018/06/06
Genome Biol. 2018 Jun 6;19(1):66.

 

アブラムシの性フェロモン腺:卵生メス特異的発達と合成経路の制御

・三浦 徹(本専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2018/05/11
Zoological Letters 2018 4:9

 

葉の初期発生を制御する鍵遺伝子を発見

・安居 佑季子(本専攻 日本学術振興会特別研究員)
・平野 博之(本専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2018/04/26
PLoS Genet. 2018 Apr 23;14(4)

 

ゲノム編集ツールCRISPR-Cas9の動き方を解明

・大須賀 彩希(生物学科 4年生)
・磯村 和志(本専攻 修士課程1年生)
・梶本 祥平(本専攻 修士課程2年生)
・小森 智貴(本専攻 特任助教)
・西増 弘志(本専攻 助教)
・島  知弘(本専攻 助教)
・濡木  理(本専攻 教授)
・上村 想太郎(本専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2018/04/17
EMBO J. 2018 Apr 12.

 

カイメンと共生する新属新種のイソギンチャク— 三崎の磯から、世界初の共生生態の発見!—

・泉  貴人(本専攻 博士課程3年)
・伊勢 優史(附属臨海実験所 特任助教(研究当時))
・上島  励(本専攻 准教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2018/04/09
Zoolog Sci. 2018 Apr;35(2):188-198

 

乾燥に強くなる植物ペプチドを発見-植物の乾燥ストレス応答を紐解く新展開-

・高橋 史憲(理化学研究所 研究員)
・鈴木 健裕(理化学研究所 専任技師)
・刑部 祐里子(徳島大学 准教授)
・別役 重之(筑波大学 准教授)
・近藤 侑貴(本専攻 助教)
・堂前 直(理化学研究所 ユニットリーダー)
・福田 裕穂(本専攻 教授)
・篠崎 和子(本学 教授)
・篠崎 一雄(理化学研究所 グループディレクター)

[プレスリリース資料はこちら] 2018/04/05
Nature 556, 235–238 (2018)

 

ASKキナーゼは体内時計と細胞の酸化還元変動を連結する〜体内時計を自在に操作する夢に期待〜

・今村 聖路(本専攻 博士課程3年)
・吉種 光(本専攻 助教)
・深田 吉孝(本専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2018/03/20
PNAS 2017 (DOI: 10.1073/pnas.1719298115)

 

本邦より106年ぶりに発見されたテヅルモヅル類の新種

・岡西 政典(臨海実験所 特任助教)

[プレスリリース資料はこちら] 2018/03/09
Zootaxa. Vol 4392, No 2

 

最初のオスとメスを生み出した性染色体領域を全ゲノム解読から解明

・浜地 貴志(本専攻 元特任研究員)
・豊岡 博子(本専攻 特任研究員)
・豊田 敦(国立遺伝学研究所 特任教授)
・野崎 久義(本専攻 准教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2018/03/08
Communications Biology. volume 1, Article number: 17 (2018)

 

幼少期特異的に活発な活動をする脳内ペプチドニューロンの発見

・馬谷 千恵(本専攻 助教)
・岡 良隆(本専攻 教授)

[プレスリリース資料はこちら] 2018/02/05
Endocrinology. 2018 Feb 1.

 

ここでは、東京大学よりプレス発表を行った最新の研究成果を掲載しています。生物科学専攻からは、この他にも数多くの研究成果が常に発表されていますので、詳細については各研究室のウェブページ等をご参照ください。

2017年の研究成果

2016年の研究成果

2015年の研究成果

2014年の研究成果