ごあいさつ

2014年度に、旧生物科学専攻と生物化学専攻とが統合し、学年定員が修士課程84名、博士課程44名という大きな新・生物科学専攻となりました。新専攻では、研究対象のサイズとしてはオングストロームから大陸レベルまで、時間的にはピコ(10–12)秒オーダーの光化学反応から数億年の生物進化にいたる生物学のほぼすべてをカバーするさまざまな研究が日々繰り広げられています。旧専攻の統合にともない、教員学生一体となった修士課程および博士課程の研究発表会や、専攻総出のリトリートなどが行われるようになり、構成員は広いスペクトルにわたる研究に触れ、視野を広め、活発に議論することができるようになりました。また、専攻スポーツ大会なども行われ、学問以外の面でも活気あふれる雰囲気です。今後も、若い人々が新発見を通して生物学の学問フロントを次々と開拓するような、自由な研究環境の醸成に努力します。よろしくご支援くださるようお願いします。

平成30年4月1日
生物科学専攻長 寺島一郎