東京大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 発生進化研究室

Japanese English

研究紹介

種子植物の地上部は、葉と茎だけでできている。その葉の発生の制御機構を解明することは、植物の形態形成のメカニズムの解明、さらには植物における多様性形成の理解に必須である。本研究室はこれまで、シロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana) を中心的な研究材料に、世界に先駆けて、いくつかの鍵となる遺伝子を同定してきた。また同定した遺伝子を使って、実際に葉の形を制御できることを示すこと にも成功している。現在は、分子遺伝学的知見を元に幅広い研究手法を駆使しつつ、葉の形態を司る遺伝子群の、分子レベルでの機能解明を進めている。またそ れと共に、渓流沿い植物に見られるような、自然界における葉の形態の多様性に関するエボデボ(Evo/devo)的な研究も始めている。「葉」をキーワー ドに、葉の形態進化、あるいは環境適応的な葉の発生の可塑性をも視野に入れつつ、「植物」についての理解を深めようというのが、本研究室の研究の柱であ る。



  • 当研究室の業績リスト:Researcher ID データ
  • Page Top