メニュー 閉じる

神経科学と行動のシステム生物学

豊島研究室

私たちは、4D顕微鏡を用いた全脳イメージングや、数理モデル化によるシミュレーションを組み合わせて、生物が環境の情報を受け取って行動を出力するまでの、神経回路による情報処理のしくみを、システムレベルで理解することを目指しています。


4D顕微鏡による全脳イメージング
神経活動と行動の同時計測
数理モデル化とシミュレーション

What’s New

2021/08/01: 研究室ウェブサイトを公開しました