学科長ごあいさつ

生物学科へようこそ

生物学科では、現在地球上に存在する、また過去に存在した無数の生物が、なぜ、どのような仕組みで多様に進化してきたのか、その根源的なメカニズムを分子・細胞から、個体・集団、さらには地球生態系に至るまで様々なレベルで解明することを目指して、最先端の研究を展開しています。現代の生物学は、正にダイナミックな学問です。遺伝子操作、イメージング、人工知能など様々な技術革新により凄まじいスピードで発展しており、今までの常識を覆す発見が次々と生まれています。しかし、生命現象の仕組みは、まだまだ謎に満ち溢れ、未解明なことばかりです。きっと皆さんが一生をかけて取り組むべき、好奇心をくすぐられる面白い研究テーマに出会えるはずです。現在の人類社会には、環境破壊、感染症、高齢化に伴う生活習慣病や認知症、食糧問題など、多くの問題が顕在化しています。これら問題を解決し、持続可能な人類社会を構築していく上でも、生物学的研究の果たすべき社会的役割は、今後もますます大きくなるでしょう。生物の謎を解き明かし、より良い人類社会を創る礎となるエキサイティングな研究に、一緒に挑戦してみませんか。皆さんのチャレンジを、教員一同、心より応援します。


令和4年4月1日
東京大学・理学部生物学科長
荻原 直道