僕たちの研究室では、植物の秘密を知るための研究と分かった秘密の一部を使って、植物を社会に役立てるための研究をしている。僕たちが力を入れて研究しているのは、植物の体づくりについてだ。この体づくりの秘密を維管束という組織を使って解こうとしている。研究室の仲間はそれぞれ違った視点で研究している。最近では、木部細胞をつくりだす遺伝子や維管束細胞の間を動いて維管束細胞の発生運命を変えるペプチドや細胞壁のパターンをつくりだすタンパク質などを発見した。詳細は、Publication や、現在進行中の Research を参照して欲しい。最近、もう一つ力を入れ始めたのは、植物バイオマスの研究だ。維管束の木部の組織は、地球上で最もたくさんあるバイオマスである。僕たちがみつけた木部を誘導できる遺伝子やペプチドを利用することで、木部を増やしたり、性質を変えたりし、人が利用しやすい植物を作れないかを研究している。この詳細は僕が代表のプロジェクトを参照して欲しい。

福田裕穂