維管束組織における前形成層/形成層の維持機構の解析

 


 

<図の解説>
前形成層/形成層は高等植物の維管束の形成に重要な役割を担っている。これらの組織は維管束メリステムを構成し、そこに存在する未分化な幹細胞が増殖・分化することによって次々と新たな維管束組織を生み出している。幹細胞の増殖と分化は細胞間の情報伝達による厳密な制御を受けていると考えられており、これまでに行われてきた解析によって篩部から細胞外に分泌されるTDIF (TRACHEARY ELEMENT DIFFERENTIATION INHIBITORY FACTOR)がこの過程に関わることが知られている。TDIFはCLE (CLAVATA3/EMBRYO SURROUNDING REGION-RELATED)ファミリーに属する低分子ペプチドであり、前形成層/形成層において受容体のTDR (TDIF-RECEPTOR)を介して幹細胞の増殖を促進すると同時に幹細胞の木部への分化を阻害する。これら2つの効果のうち幹細胞の増殖促進の方は転写因子であると考えられているWOX4 (WUSCHEL-related HOMEOBOX 4)に依存していることがこれまでの解析によって明らかになった。このことはWOX4による下流遺伝子の発現調節によって幹細胞の増殖が制御されていることを示唆している。