木質細胞壁の空間パターンを制御する分子機構

↓Click!!
木部細胞は植物の発達段階に応じて適切な木質細胞壁を構築する。木部を構成する道管や繊維において形成される様々な木質細胞壁のパターンはどのようにして実現されているのであろうか。独自に開発したシロイヌナズナ培養細胞の木部細胞分化誘導系を用い、網羅的遺伝子発現解析およびライブセルイメージング等により木質細胞壁のパターン形成に関わる新たな因子の探索と機能解析を進めている。さらに、木質細胞壁のパターンを人為的に制御することにより、有用な植物バイオマスの開発を目指している。また、植物における核膜タンパク質の機能と動態に関する研究も行っている。


参考文献

Oda, Y. and Fukuda, H. (2013) Rho of Plant GTPase signaling regulates the behavior of Arabidopsis Kinesin-13A to establish secondary cell wall patterns. Plant Cell 25, 4439-4450.

小田祥久 (2013) 植物を支える細胞壁「形を生み出す相互作用」 生命誌ジャーナル76号

Oda, Y. and Fukuda, H. (2012) Initiation of cell wall pattern by a Rho- and microtubule-driven symmetry breaking. Science 337, 1333-1336.

Oda, Y. and Fukuda, H. (2012) Secondary cell wall patterning during xylem differentiation. Curr. Opin. Plant Biol. 15, 38–44.

Oda, Y. and Fukuda, H. (2011) Dynamics of Arabidopsis SUN proteins during mitosis and their involvement in nuclear shaping. Plant J. 66, 629-641.

Oda, Y., Iida, Y., Kondo, Y. and Fukuda, H. (2010) Wood cell-wall structure requires local 2D-microtubule disassembly by a novel plasma membrane-anchored protein. Curr. Biol. 20, 1197-1202.