2017年3月16日〜18日まで、第58回日本植物生理学会年会が鹿児島大学で開催されます。以下は当研究室および関連する発表リストです。是非会場に足をお運び下さい。


シンポジウム

1 細胞解析へのいざない / Venturing into the world of single cell analysis
S13-7
Time-lapse cell fate imaging during vascular cell differentiation
○Yuki Kondo

 


口頭発表

1aB09
道管において壁孔の形成を協調的に制御する ROP GTPase シグナルの解析
○長島慶宜,福田裕穂,小田祥久

1aB11
二次細胞壁形成で発現する遺伝子の網羅的機能解析
○遠藤暁詩,福田裕穂

1aG07
維管束初期形成因子 LHW-TMO5 の新規下流因子の解析
○伊藤(大橋)恭子,福田裕穂

1aD10
シロイヌナズナにおいて道管細胞の構造を制御する新規微小管局在因子の解析
○佐々木武馬,福田裕穂,小田祥久


ポスター発表

PL-014
乾燥ストレス応答を制御する低分子ペプチドの同定
○高橋史憲,鈴木健裕,刑部祐里子,別役重之,堂前直,福田裕穂,篠崎和子,篠崎一雄

PF-024
維管束系による植物の物質輸送
○岩井由実,遠藤暁詩,福田裕穂

PL-046
二次細胞壁のパターン形成において細胞膜ドメインの形は新規の細胞膜‐微小管付随タンパク質により制御される
○杉山友希,若崎眞由美,佐藤繭子,豊岡公徳,福田裕穂,小田祥久

PF-097
Cell layer specific expression of boron transporter in Arabidopsis roots
○福田牧葉,下遠野明恵,反田直之,高野順平,神谷岳洋,藤原徹