新任教員紹介:岡西政典

「新種」という単語にどのような印象を持たれますか?「滅多に見つからない」と思われる方は多いでしょう.しかし,現在我々が名前を付けて認識している約180万という生物の種数は,全体の数%〜数十%に過ぎないといわれています.すなわちこの地球上はまだ新種にあふれており,我々はまだ,その全貌すら把握できていないのです.生物に名前を付ける学問を「分類学」といいます.私は,海産無脊椎動物であるクモヒトデ類(棘皮動物門)を研究対象としてこの学問に取り組んでいます.これまではツルクモヒトデという深海性のグループについて,分子系統学的な手法を取り入れつつ,新種や新科の報告などを行ってきました.現在は対象をクモヒトデ全体に広げ,マイクロX線CTスキャナーなどの新しい形態観察法にも着手しています.また,深海だけでなく,海底洞窟などのこれまで注目されてこなかったフィールドに生息する種にも着目して,研究を進めています.

岡西政典
東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻
臨海実験所 特任助教
研究所HP
個人HP
理学系研究科サイト教員プロフィール