新任教員紹介:中根崇智

私は、生命現象を化学のレベルで理解することに興味を持っています。そのためには、生体高分子の形を、原子 1 つ 1 つの位置が分かる高分解能で決定することが必要です。また、生体高分子は構造変化しながら機能を発揮していますから、空間だけでなく時間方向にも高い分解能で動きを捉えることが大切です。

これらの目的を達成するため、私は構造生物学のためのデータ解析手法の開発を行っています。また、国内外の研究プロジェクトにおいて、高難易度データの処理を担当しています。これまでは主に X 線自由電子レーザを用いたシリアル結晶学の研究をしてきましたが、最近は低温電子顕微鏡を用いた手法にも取り組んでいます。開発成果はオープンソースのプログラムとして配布することで、世界中の誰でも、自由に利用できるようにしています。

中根 崇智
東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻
濡木研究室 特任助教
所属ラボwebsite: 濡木研究室