新任教員紹介:古賀皓之

 

私は生物の多様なかたちがどうやって進化してきたのかに興味を持っています。とくに、植物のさまざまな形の葉が、どのような発生の仕組みによって作られているのか、そしてそれがどのように進化してきたのかを明らかにしたいと思い、植物の葉の進化発生学研究を行なっています。ちなみに学生の頃は動物を材料にかたちの進化の研究をしていました。葉の多様な形の作り方を理解する上で私が注目しているのが、水辺に生える植物、水草です。というのも、水草の多くは葉の発生の多様性を調べる上で興味深い特徴を持っているからです。水草と呼ばれる植物のほぼすべては分子生物学的な研究の進んでいない、いわゆる非モデル植物であるため、研究の土台を自ら作り上げていかなければなりません。水草をはじめいろいろな植物の葉の発生機構を詳しく調べ、比較することによって、植物の葉のかたち作りのメカニズムとその進化の解明を進めています。

 

古賀 皓之
東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻
発生進化研究室 助教
所属ラボHP: http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/users/bionev2/jp/index.html
理学系研究科サイト教員プロフィール