新任教員紹介:長谷川恵理

私は、神経回路が状況に応じて変化する仕組みに興味を持っており、 これまで、ショウジョウバエの視覚中枢や運動回路をモデルとして研 究を行ってきました。現在は、神経回路の発生過程における再編成に ついて、ショウジョウバエ感覚ニューロンを用いて研究しています。

発生過程において神経回路が形成される際には、まず神経細胞同士で 過剰な結合が作られることが知られています。この過剰な結合を刈り込 んで成熟した神経回路を作る過程を、神経回路の「再編成」と呼んでい ますが、この再編成過程の異常は、様々な神経疾患の原因となり得る ため、厳密に制御される必要があります。これまでに様々な因子が 感覚ニューロンの再編成に関与することが分かっていますが、まだ 明らかではない点が多く残っています。このため、現在、感覚 ニューロンの再編成を制御する新たな因子の探索を行っており、 神経回路の再編成を司る時空間的な制御メカニズムの全貌を明らかに して行きたいと考えています。

長谷川恵理
東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻
榎本研究室 特任助教
所属ラボHP:榎本研究室
理学系研究科サイト教員プロフィール