人類学演習Ⅰ/人類学セミナー1

ニホンザルの二足歩行から探るヒト直立二足歩行の進化

荻原 直道 先生(東京大学 大学院理学系研究科 人類進化生体力学研究室)

2018年04月13日(Fri)    16:50-18:35  理学部2号館 402号室   

 生得的に四足性である霊長類の二足歩行運動を分析し,そこからヒトの二足歩行運動の力学的特徴を対比的に明らかにすることは、ヒトの直立二足歩行の起源と進化を考える上で多くの重要な示唆を提供する.本講義では、我々が進めてきたニホンザル二足歩行の比較運動学・動力学的分析から明らかになってきた、ニホンザルとヒトの二足歩行メカニズムの違いについて概説する。また、どのような筋骨格系の構造改変がヒトの直立二足歩行の進化に重要であったのかを構成論的に検証するために進めている。ニホンザル二足歩行の筋骨格シミュレーションについて紹介する。