教員・研究紹介

 

教員 研究室 研究課題

深田 吉孝 教授
神経機能生化学

時を刻むニューロンと光感覚の分子シグナリング

  1. 概日時計システムの分子解析
  2. 高次脳機能と概日時計の機能連関
  3. 光シグナル受容・伝達の分子機構とその生理機能

詳細はこちら


飯野 雄一 教授
分子行動遺伝学

脳神経科学の基本原理を発見する

  1. 神経系の情報処理と行動制御の機構の研究
  2. フェロモンによる個体間相互作用と種内・種間多様性

詳細はこちら


濡木 理 教授
構造生命科学

原子のレベルで解き明かす生命現象の本質

  1. RNAに制御される遺伝情報の発現
    (RNAサイレンシング,
    Genome editing)
  2. 膜タンパク質による膜を越えた物質およびタンパク質の輸送や感覚受容
  3. 新規抗がん剤設計に向けたがん化やがん転移の機構解明

詳細はこちら


塩見 美喜子 教授
RNA生物学

RNAサイレンシングによる生体制御の仕組みの理解を目指す

  1. 恒常的小分子RNAによる遺伝子発現制御機構
  2. 生殖組織小分子RNAの生合成機構
  3. 生殖組織小分子RNAによるトランスポゾン抑制機構

詳細はこちら


上村 想太郎 教授
1分子遺伝学
(生物学科併任)

1分子・1細胞計測による平均値からの脱却

  1. 1分子可視化技術によるRNA機能の解明
  2. 1分子計測技術による1細胞内RNA網羅解析
  3. 1細胞イメージング技術による細胞機能の解明

詳細はこちら


眞田 佳門 准教授
遺伝子実験施設

脳が創られ,守られる仕組みを謎解く

  1. 神経前駆細胞から神経細胞が誕生する仕組み
  2. 神経細胞の移動と成熟の仕組み
  3. 神経細胞機能の多様性を作る仕組み
  4. 神経細胞の保護機構

詳細はこちら


石谷 隆一郎 准教授
構造生命科学

原子レベルのダイナミクスで解明する生命現象

  1. 膜輸送体による膜を越えた物質輸送機構の解明

詳細はこちら


國友 博文 准教授
分子行動遺伝学

学習と記憶の分子・神経回路基盤の解明

  1. 記憶が行動を変化させる仕組み
  2. 長期記憶形成の分子・神経機構

詳細はこちら


小島 大輔 講師
神経機能生化学

光感覚の分子シグナリング

  1. 非視覚性光受容のシグナリング経路
  2. 哺乳類のUV光受容
  3. 光受容細胞の多様性を生み出すメカニズム

詳細はこちら


名川 文清 講師
分子生物学

獲得免疫系の起源と進化

  1. 無顎類における抗原受容体遺伝子再編成のしくみ
  2. 無顎類における自己・非自己識別のしくみ
  3. 無顎類における免疫記憶のしくみ

清水 貴美子 助教
神経機能生化学

高次脳機能の環境適応システム

  1. 学習・記憶効率の日周変動メカニズム
  2. 情動の安定性を決定する日周変動メカニズム

詳細はこちら


吉種 光 助教
神経機能生化学

24時間周期のリズムの「なぜ?」に迫る

  1. サーカディアンリズムの分子振動メカニズムの解明
  2. 概日時計への時刻情報の入力経路の探索
  3. 概日性リズムを刻む生理現象とその意義の追求

詳細はこちら


豊島 有 助教
分子行動遺伝学

神経回路の情報処理機構のシステム生物学的解析

  1. 全神経細胞の活動の同時測定と数理モデル化
  2. 時間的多重化による神経情報コードのしくみ

詳細はこちら


大野 速雄 特任助教
分子行動遺伝学

動物の生存戦略の分子基盤

  1. 過去と現在の環境の差を記憶する機構
  2. 摂食に関わる新規ペプチドの機能解析

詳細はこちら


西増 弘志 助教
構造生命科学

RNAサイレンシングの構造生物学

  1. CRISPR-Cas9の作動機構の解明
  2. 真核生物のRNAサイレンシング機構の解明

詳細はこちら


西澤 知宏 助教
構造生命科学

原子のレベルで解き明かす生命現象の本質

  1. 非翻訳RNAに制御される遺伝情報の発現
    (
    遺伝暗号の翻訳,RNAサイレンシング)
  2. 膜タンパク質による膜を越えた物質およびタンパク質の輸送や感覚受容
  3. 新規抗がん剤設計に向けたがん化やがん転移の機構

詳細はこちら


佐藤 薫 助教
RNA生物学

piRNAの生合成メカニズムと機能の解明

  1. PIWI-piRNAによるエピゲノム制御機構
  2. piRNA生合成因子の分子機能
  3. がん細胞におけるPIWI-piRNAの生合成と役割
  4. 神経細胞PIWIの機能

詳細はこちら


石津 大嗣 助教
RNA生物学

piRNAによるRNAサイレンシング

  1. piRNA生合成機構の解明
  2. piRNAによるRNAサイレンシングの分子機構の解明

詳細はこちら


西田 知訓 特任助教
RNA生物学

RNAサイレンシングによる生体制御の仕組みの理解を目指す

  1. 恒常的小分子RNAによる遺伝子発現制御機構
  2. 生殖組織小分子RNAの生合成機構
  3. 生殖組織小分子RNAによるトランスポゾン抑制機構

詳細はこちら


島 知弘 助教
1分子遺伝学

細胞内における”動き”の動作原理・制御機構を探る

  1. 1分子計測・操作を用いたモータータンパク質の動作・制御機構の解明
  2. 細胞骨格ダイナミクスの制御機構研究

詳細はこちら


小口 祐伴 特任助教
1分子遺伝学

1分子・1細胞計測による平均値からの脱却

  1. 1分子計測技術による1細胞内RNA網羅解析

詳細はこちら


白崎 善隆 特任助教
1分子遺伝学

1細胞の遺伝子発現を見る

  1. 1細胞実時間分泌イメージング
  2. 1細胞RNA発現イメージング

詳細はこちら


小森 智貴 特任助教
1分子遺伝学

in vitro再構成系を用いた生体分子動作機構の解明

  1. ゼロモード照明型蛍光顕微鏡を用いた生体分子の1分子可視化

詳細はこちら


倉林 伸博 助教
遺伝子実験施設

脳が創られる仕組みを謎解く

  1. 神経前駆細胞の運命決定機構
  2. 疾患モデルマウスにおいて脳形成異常が誘発する仕組み

詳細はこちら


富岡 征大 助教
遺伝子実験施設

高次神経機能に潜む分子機構を明らかにする

  1. 神経細胞機能の多様性を作る仕組み
  2. インスリンシグナル伝達による神経可塑性の制御機構

詳細はこちら